2018/10/23更新

ヘルプ

みなさまから寄せられる、よくある質問をまとめました。
ご利用の際には、是非ご活用ください。

サイトのご利用について

このサイトはどういうサイトですか?
このサイトは株式会社ギブリーが運営する就職・転職支援サービス「治療家ナビ エージェント」のホームページです。就職・転職支援サービスの利用方法や説明、お取扱い中の求人情報等を掲載しております。
このサイトが対象にしている人はどういう人ですか?
柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師といった国家資格を持った方、もしくは左記国家資格を取得するための学校・学科に通われている学生を対象としており、就職・転職を考えている方の支援を行っております。
このサイトで必要な費用があれば教えて下さい。
このサイト「治療家ナビ エージェント」を利用した就職・転職支援サービスには一切の費用がかかりません。人材を募集している企業よりいただいている費用にて運営しております。
クッキー(Cookie)ってなんですか?
クッキー(Cookie)とは、インターネットでHP等を閲覧する時に、使っているPCに保存されるファイルです。これによって、閲覧がスムーズになったり、セキュリティが向上したりできます。このサイトにおいては、ログイン状態等を識別する目的でクッキー(Cookie)を利用しております。ご利用の際には、ブラウザ(InternetExplorer、GoogleChrome、FireFox、Safari等)のクッキー(Cookie)及びJavascriptを有効にする必要があります。
SSLってなんですか?
このサイトでは、インターネットでの通信を暗号化する「SSL(Secure Sockets Layer)」を使用したデータ送受信を行うページがございます。このサイトで入力する個人情報を暗号化し安全に送受信を行うためです。
※企業や学校等の中で閲覧していて、LANの設定によってはご利用になれない場合がございます。その場合、SSLをOFFに設定していただくか、ご自宅等の企業や学校のLAN以外のインターネット接続を利用して下さい。
個人情報の取扱いについて
ご登録時等にいただいた個人情報を、原則的に本人の許可なく第三者に開示・提供することはございません。プライバシーポリシーをご覧ください。
ギブリーってなんですか?
株式会社ギブリーとは、このサイト「治療家ナビ エージェント」による人材紹介をはじめ、東洋医療に特化した様々なサービスを運営している会社です。企業情報はコチラ

サイトの機能について

就職・転職支援サービスに申し込むとは、どうすればいいのですか?
このサイトの様々なページに出てくる「無料就職・転職支援サービスに申し込む」というボタンを押して、画面に従って必要事項をご入力いただくか、お電話にて弊社スタッフに直接登録を申し込む方法がございます。ボタンから登録する場合は、365日24時間登録可能ですが、お電話の場合は平日・土曜10時~21時(日祝は休み)にお電話していただく必要がございますので、ご注意ください。
リクエストボタンとはなんですか?
「○○という企業の求人はありますか?」「自分の希望は○○だけど、そんな治療院ありますか?」など、求人情報や就職・転職支援サービスについてのお問合せにご利用ください。

無料の就職・転職支援サービスについて

このサイトは料金かかるの?
就職や転職を希望されるご利用者様には、一切の費用が発生しません。治療家のみなさまを採用したい企業からいただいているコンサルティングフィーによって運営しております。安心してご利用ください。
学校を卒業し、国家資格を取ったものの、実務経験はありません。大丈夫でしょうか?
もちろん問題ございません。実務経験を問わない治療院から、院長クラスの求人まで多数ご用意しております。まずはお気軽にご相談ください。
相談ってどこまでして大丈夫なんですか?
就職・転職に関する事はもちろん、あなたの描く将来のビジョンについてもご相談にお応えします。また、転職する際に問題になる、円満な退職方法等もお教えしておりますので、お気軽にご相談ください。
キャリアコンサルタントってなんですか?
就職・転職希望者に代わって、求人企業や治療院への応募やマッチングを代行する専任のエージェント(代理人)を呼んでいます。なぜエージェントではなくコンサルタントと呼んでいるかというと、みなさまの就職・転職に関わる事、将来のビジョン等も一緒に考え、設計する事ができるからです。就職・転職希望者1名につき、専任のキャリアコンサルタントがつき、内定獲得まで完全サポートいたします。
ご相談に伺った時、もしくは面談時には求人情報は紹介してくれますか?
もちろん、ご紹介させていただきます。専任のキャリアコンサルタントとの面談によって、あなたに合った治療院のご紹介が可能です。
今のところを辞めて転職しようと考えているが時期は決まっていないけど大丈夫?
もちろん、問題ございません。「辞めて転職しようと思ってるけど、自分に合う治療院ってどういう治療院なのか相談したい」「転職しようと思っているが条件面はどう変わるだろうか」など、何でもお気軽にご相談ください。
何時まで相談できますか?
在職中の方のために、月~土の22時まで受け付けておりますので、ご安心ください。
日曜日しか休みがないのですが、できますか?
もちろん可能です。お申込みいただく際に、休日面談希望とお知らせください。
まだ働いているのですが相談できますか?
もちろん可能です。お仕事をしながら転職活動をされる方はたくさんいらっしゃいます。私たち治療家ナビエージェントの就職・転職支援サービスを利用することで、スムーズに活動をすることが可能になります。また、お申し込み時にいただく情報を含めて秘密厳守で対応いたしますので、ご安心ください。
地方に住んでいるのですが相談できますか?
もちろん可能です。基本的には弊社(東京都渋谷区)までご来社いただいての面談か、東京近郊(埼玉、千葉、神奈川等)でしたら、お近くまで伺う事も可能です。それよりも遠方の方には、お電話とメールにてご相談を受け付けております。対面式をご希望でしたら、Skypeを使ったTV電話面談も可能です。
自分一人で活動するのと何が違うの?メリットは?
治療家ナビエージェントは、柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師の専門なので、就職・転職事情に明るく、一人では得られなかった可能性をたくさん得る事が可能です。最終的に選ぶのはご自身ですが、その選択肢が多い方が良いと思いませんか?また、あなたの良い所を探り、よりご自身の力を発揮できる治療院をご紹介いたします。応募書類の書き方、失敗しないための面接指導など、内定獲得までの道のりを完全バックアップいたします。
個別面接対策とは何ですか?
応募する治療院との面接前に、一般的なマナーはもちろん、治療院が知りたい情報のポイントを押さえたトークの整理、ご自身のキャリアを再認識、整理します。より内定獲得率を上げるための練習と思っていただいて間違いありません。本番で緊張し、失敗してしまわないように、しっかり練習しましょう。
キャリアコンサルタントの方が面接同行するのですか?
はい、もちろん行っております。場合にもよりますが同行しない場合もございますので、事前にご確認ください。
人材紹介って何ですか?
就職・転職希望者と、人材が欲しい治療院(企業)との間に介入し、双方の希望を叶えられるようマッチングしていくサービスを行う事業の事を言います。ほとんどの場合は、治療家ナビ エージェントと同じく、就職・転職希望者は無料でご利用いただけます。
人材紹介と人材派遣の違いは?
人材紹介とは、正社員での雇用を目標とし活動してまいりますが、人材派遣とは治療院との直接雇用関係がなく、派遣先で一定期間働く雇用形態です。派遣元(例としてここでは弊社とします)と雇用契約を結び、働く先は治療院という事になります。給与も派遣元が支払います。

就職・転職活動(書類について)

就職・転職理由の内容が良く書けません。
まずは、自分のキャリアプランや、今後の自分のなっていたい姿をしっかり記入し、その為にその治療院で働く事で実現でき、その治療院にもどう貢献できるかを書くと良いでしょう。必ず前向きな内容にするよう心掛けて下さい。
履歴書を作成する上でアピールポイントをどう書けばいいですか?
経験やスキル、転職理由等をうまく簡潔に書かなくてはなりません。なぜ転職するのか?私を採用する事で治療院側にどんなメリットがあるかの2点は重要です。また、どのような自分になりたいのかも記載しているとポイントになります。
学生時代に治療院でアルバイトしていた経験は書く必要ありますか?
転職の場合は特に必要ありません。新卒で就職する場合は、現場を体験しているか否かは大切なポイントとなる治療院が多いのが事実です。そこでどんな事を経験し、どんな事を考えたかが付け加えられていると尚良いです。

就職・転職活動(面接について)

希望年収が高いことを理由に書類が通過しません。変更した方が良いのでしょうか?
複数の治療院から同じ回答が来るようでしたら、仕事内容やスキルと、希望年収が噛み合ってない可能性があります。譲れない希望年収がある場合は、他の条件を緩和する必要があるかもしれません。
面接の時はスーツで行った方が良いのでしょうか?
スーツが必須なわけではありませんが、スーツで臨むのが無難かもしれません。治療家の場合は、普段着での通勤、白衣で勤務がほとんどですので、着慣れていないというのもわかります。スーツ以外だったとしても、とても大切な人と会う時と同じ意識で服選びをしてください。
業績が下がり閉院してしまうので転職活動していますが、面接の時に言い換えた方が良いでしょうか?
面接の時に嘘をつくことは絶対にいけません。会社都合での退職の場合は、なぜ業績不振に陥ってしまったのかや、自分自身が対象になった経緯をしっかり説明し、理解を得られるように心がけましょう。
休みが日・祝しかありません。平日の夜や日曜日は面接可能ですか?
整骨院などの多くは日・祝休みです。そこは当然理解してくれる方が多いです。まずはいつ行けるのか、平日夜なのか日曜日なのかを明確にし、キャリアコンサルタントに相談しましょう。
よく面接の時に「何か質問ありますか」と聞かれますが、答えた方が良いのでしょうか。
自分がもし入社するとなったら、色々聞きたくなりませんか?スタッフ構成、患者さん構成、勉強会の事、目指せるポジションの事、学べる治療方法などたくさんあると思います。面接とは採用する側はもちろん、あなたも選ぶ側である事を忘れてはいけません。多くの情報を得られるように事前に準備しておきましょう。
面接の時に「他に受けてますか?」と聞かれますが、どう答えれば良いでしょうか?
ここはなるべく正直に答えましょう。治療院名や企業名まで答える必要はありませんが、嘘をついてしまうと、その後のつじつまが合わなくなり、不信感を抱かれる原因ともなります。採用する側は基本的には複数受けていると考えていますし、こちら側が他の選考を伝えることで有利に進むときもあります。
専門学校を出て就職したとき以来の面接。とても緊張するのですが…
だからこそ、私たち専任のキャリアコンサルタントが面接の対策を行います。不安な場合は私たちと練習をしましょう。何件も面接現場に同席している私たちだからこそ、生きた面接練習ができます。まずは、私たちに相談してみてください。
面接の事前準備として治療院を知っておく必要はありますか?
求人票のチェックはもちろん、インターネットを使って調べておくことも必要です。あなたが採用する立場だった場合はどうでしょうか。よく調べてきてくれている人の方が好感を持てると思います。強い興味を持ってもらっていると感じるでしょう。
近い将来どんな姿になっていたいですか?と聞かれますが答えられません。
まず、自分がその治療院で働いたらどうなっていたいかを説明すれば問題ないでしょう。簡潔にわかりやすく伝えるために、時間を設定して目標を話すとうまくいきます。2年後には副院長になっていて、3年後には院長になり、教育やレセプト業務、院の運営をマスターしたい等の伝え方のほうがわかりやすいでしょう。
転職回数が多いので書類が通過しません。どうしたらよいでしょうか?
転職回数が多いと、採用する側はすぐに辞めてしまうのではないか?と考えます。その不安を取り除かなくてはなりません。つまり、それまでの転職理由を明確に、そしてポジティブに、そして今後は転職を考えていないという事を伝えましょう。過去よりも明確でしっかりした未来像を話しましょう。

就職・転職活動(情報収集について)

在籍中、退職後、転職活動を開始するならどっちが良いでしょうか?
まさに一長一短ですね。在籍中の場合は面接日程の調整が難しく、転職活動期間も長くなりがちです。しかし、無収入期間が無くなるので生活は安定するでしょう。退職後は面接日程が組みやすいので、転職活動期間は短くなることが多く、より多くの面接を受けて選べるようになる人もいます。しかし、収入が無い期間が生じるため、生活に対する不安がある場合はおススメできません。
いつ見ても募集している企業は離職率が高そう。避けた方が良いのでしょうか?
必ずしも離職率が高いという事はありません。分院を積極的に展開していれば当然人材は不足します。よく情報を見極める必要がありますね。先入観だけで企業を選ぶ事はとてもリスクが高いと考えます。客観的に判断するために、第三者であるキャリアコンサルタントに相談してみましょう。
あらかじめ確認した方が良い福利厚生面は何ですか?
基本的には、社会保険(健康・労災・雇用・年金)、各種手当について、夏季や冬季の休暇、交通費等があげられます。自分が何を重視して探しているかによって変わりますが、うやむやのまま進めるのは良くないでしょう。
面接に行ってから内定が出るまで、どれくらいかかりますか?
これは企業によってまちまちですが、最短で当日、数週間かかる事もございます。これは面接時に次回のアクションがいつあるかを確認しておきましょう。
最近、整骨院や在宅マッサージの募集が多いのですが、不足しているのですか?
絶対的に不足しているわけではありません。毎年の国家資格合格者数と、登録されている治療院の数を見ても明らかです。しかしその全員がこの業界で働いているわけではなく、足りていない場合もあるのも確かです。最近では中途採用と新卒採用の両面で活発化している傾向にあります。
紹介会社を使うメリットって何ですか?自分一人ではダメなんですか?
みなさまの多くは日頃遅くまで仕事をしていたり、休みは日祝のみなんてことありませんか?忙しいみなさまに代わって、採用側との調整や条件交渉を行うのが私たちキャリアコンサルタントです。ご自身で条件交渉等を行うと心証を悪くする可能性が高くおススメできません。また、書類や面接の対策も重要で、経験に基づいた対策を行いますので、スムースに進むことが多いです。
紹介会社を使うメリットに情報量というのを聞きました。本当ですか?
はい、本当です。私たち紹介会社の仕事には紹介先情報の収集があります。つまり、仕事として情報収集をしているので、個人のそれよりも遥かに多くの情報を収集します。
今働いている整骨院の求人が「治療家ナビ」に掲載していました。私が転職活動していることがバレる?
それはありません。あなたの個人情報を含む大切な情報が漏れることはございません。
地方から都心部へ引越して働こうと思っています。どんなことが必要ですか?
まず重要なのはスケジュールの管理と資金の準備です。当然、面接時には交通費がかかりますし、宿泊が生じれば費用はかさみます。私たち治療家ナビエージェントでは、そういった負担を減らすために、一日の内に複数件の面接を組み、効率よく回るプランニングも可能です。是非一度、ご相談ください。
複数社で面接に行くかどうか悩んでいます。どうしたら良いでしょうか?
どれも受けてしまう事をおススメします。まずは行って見て話を聞いてから決めても良いのではないでしょうか?求人情報だけでは知りえなかった、生の情報を基に選択するほうが納得感がありますし、後悔しないでしょう。

就職・転職活動(キャリアについて)

新卒で入社した整骨院が教育体制が無く、もっとスキルアップするために転職したいのですが?
駆け出しの治療家の多くはココで悩むケースが多いですね。もちろん教育体制が整った整骨院はたくさんあります。まず、ご自身が何をスキルアップさせていきたいのか。その為に必要な要素は何なのかを整理しましょう。ただ教育が整っているからと入社しても、自分がやりたかった事じゃなかったとなりがちです。もし整理するのが難しい場合は、専任のキャリアコンサルタントに相談しましょう。
退職願いを出したら引き留められました。その際に条件UPを提示されたのですが、変わりません。やはり、きっぱりと退職した方が良いのでしょうか?
まず、上司の方と再度話し合う場を設けましょう。それでも改善されないようであれば、転職が解決の糸口となるかもしれません。条件面での改善が提示された場合は、口頭ではなく書面で約束を交わすのがベストだと考えます。
正社員の募集だったのですが、まずは契約社員でやってからの登用という話でした。しかし、1年以上経ってもまだ登用の話がありません。これは転職した方が良いのでしょうか?
正社員登用前提の採用であれば、「いつまでに登用なのか」「前例はあるのか」「何を条件に登用されるのか」を確認しておく必要があります。すでに1年以上経っているのであれば、「なぜ登用されないのか」「いつ、もしくは何を条件に登用されるのか」を聞いてみましょう。それでも明確にならないのであれば、転職も一つの手段かもしれません。
現在、委託として訪問マッサージを行っていますが、将来を考えて転職を考えています。これって不利になるのでしょうか?
一般的には、企業での就業経験が無いという事で難色を示す企業もありますが、治療家においてはその限りではありません。そこで身に付けたスキルや経験を、転職先の治療院でどう活かせるかが重要です。しっかりとご自身のスキルや経験を整理し、説明をできるように準備して臨みましょう。
転職したいと考えているのですが、なかなか辞めさせてもらえません。どうしたら良いでしょうか?
辞めるか辞めないかは会社が決める事ではなく、あなたが決める事です。絶対に辞めるという意志と行動で状況を変えられると思います。その際に、なぜ辞められないのかを整理すると臨みやすいでしょう。
現在、勤務柔整師として勤務しておりますが、ゆくゆくは院長職に就きたいと考えています。しかし男性ばかりが院長職に就いているのを見て少し不安です。女性でも院長職に就けるのでしょうか?
インターネットで検索していても男性が多いのがわかりますね。院長職の男女比は9:1とも言われております。しかし、最近では女性院長や開業者が活躍しているケースも多く、患者様からも女性の先生にというニーズが日に日に増しています。しっかりと院の運営を学び、スタッフの指導にも参加し、院長職になれる知識と技術を身に付けていきましょう。元々が男性社会だったこの業界。古くからの人は嫌がる経営者もいるようですね。その中でも大手企業の方が柔軟に対応しているようです。実績のある企業に転職するというのも選択肢の一つです。
半年先、決算月を最後に転職をしようと考えています。その場合、いつ頃から転職活動を始めたら良いでしょうか?
退職する日を決めているのであれば、少なくとも1ヶ月~2か月前には内定を獲得したいところです。つまり、3か月前くらいから開始しても早いという事はありません。働きながらの転職活動ですと、面接日程の調整が難しい場合が多く、活動期間は長引きがちです。ここはエージェントである私たちキャリアコンサルタントに任せて、仕事と転職活動を両立できるようにマネージメントしてもらいましょう。
現在、副院長として勤務しておりますが、院長職への道は遠そうです。分院も無く、院長が退職でもしない限りはありません。転職する事で解決できるのでしょうか?
まずは今までのキャリアを整理しましょう。何ができて何ができないのか。それらを基に、院長候補募集の治療院へ応募しましょう。そこでは確実に院長職のポストが空いており、もしくは分院を展開するのでポストができます。そこで院長職に就けるというアピールポイントが必要ですね。そうする事で、院長職への道は開けてくるでしょう。

就職・転職活動(内定後について)

内定を獲得してから、どれくらいの期間で結論を出さなくてはならないのでしょうか?
採用企業によってもバラバラなのですが、1週間~10日程度で結論を伝えるのが一般的です。この期間で出す事が難しい場合には調整が必要で、私たちキャリアコンサルタントの仕事です。
一回面接に行って内定が出ましたが、まだよくその治療院の事を理解していません。少し不安なのですが、内定の返事はすぐに出さないとダメですか?
不安が解消されないのであれば、内定後ですが一度面談の場を設けるのも一つの手です。当然、面接ではありませんので、選考に関わらず聞きたい事を聞けるかと思います。面談しないにしても、採用の担当者にしっかりヒアリングをするのが大切です。
内定が出たのですが今の整骨院で3ヶ月は辞めないでと言われています。しかし内定先には2か月後から勤務してほしいと言われました。どうすれば良いでしょうか?
就業規則があるかと思いますので確認してみましょう。その内容によって大きく変わります。基本的には1ヶ月以上前に退職希望を申し出るとなっているかと思います。この場合は、その整骨院さんの言っている事に根拠がありません。しかし、辞めるとなると引き継ぎ等もございますので、辞めるという自分の意思をしっかり主張し、滞りなく引き継げるスケジュールを組み、お互いで納得できる答えを相談しましょう。
業界の大手と呼ばれる企業で条件も良いところから内定を頂きました。しかし、規模は大きくは無く、条件もその大手と比較すると見劣りするのですが、やりたい事ができそうな企業にも内定を頂きました。どちらも魅力的で悩んでいます。
まずは、自分にとって何が一番重要かを考えると良いでしょう。家族や生活の事を考えて条件面を優先する方もいますし、やりたい事を軸に考え条件は二の次の方もいます。自分にとって何が幸せなのかを今一度考えて選択しましょう。
転職活動を通して何社か内定を頂きました。何件も面接に行くことで、改めて今の職場が良いと感じ、残ることに魅力を感じています。このまま転職活動を終わらせても良いのでしょうか。
転職活動において何社も面接に行き、改めて業界の現状や転職市場における治療院の状況などを知る事ができたのではないでしょうか。その上で、今の職場が最良であると結論が出たのであれば、それが最良なのかもしれませんね。
退職希望を出したら引き留められました。その時に昇給や待遇面での改善を提示されました。このまま残るのもありかなと考えたのですが、大丈夫でしょうか?
退職希望を出さなかったら、その話が無かったような職場だったのでしょうか。そうだとしたら、一時的な引き留め工作であって、状況が変わって退職しても構わないとなったら一変する事が多いです。つまり、退職希望者にだけ高条件を提示するようでは、あまり信頼が置ける企業とは呼べないかもしれません。